170-0004 東京都豊島区北大塚1-19-12 コルティス大塚 6F-26

お気軽にお問い合わせください
受付時間:10:00〜18:00
定休日 :土曜・日曜・祝日

お役立ち情報

日本政策金融公庫についてざっくり説明します。

そもそも日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫は、国が100%出資する金融機関です。日本政策金融公庫はもともとは、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫に分かれていました。これら3つの組織が統合されて現在も国民生活金融公庫が「国民生活事業」、中小企業金融公庫が「中小企業事業」、農林局金融公庫が「農林水産事業」としてそれぞれ業務を行っています。

国民生活事業と中小企業事業の違いは?

国民生活事業は、個人の教育ローンや小規模企業の小口融資等の支援をしています。融資額の平均は約700万円位と言われています。
 
中小企業事業は、それなりの規模の中小企業に対して支援をしています。融資額の平均は約1億円位と言われています。それなりの規模の中小企業で融資額が1億円くらいとなると、中小企業事業の融資を受ける会社としては、材料や設備等で多くの資金を要する製造業の会社が必然的に多くなってくるのではないかと思われます。
 
創業融資の審査を受ける上で特別気にすることは無いかと思いますが、創業融資を担当するのは、基本的に国民生活事業になります。

日本政策金融公庫で創業融資を受けるメリット

日本政策金融公庫の良いところは、創業当初から受けることができる新創業融資と言う制度があるところです。
 
実績のない会社が融資を受けようとすると審査に通っても利率が高くなるのが通常です。しかしながら、日本政策金融公庫の創業融資では、利率が大体1〜2%位になります。また、代表者が保証人になる必要がなかったり、担保が不要であったり、とにかく創業者対して、できるだけ低いリスクで開業時からアクセルを踏み込んでスタートを切れるようにサポートしている制度なのです。

最初の資金調達を失敗しないためにも専門家に相談しよう。

起業して融資を受けようとする方のほとんどが、融資に関する問い合わせをするのが初めてで不安になることもあるかと思います。日本政策金融公庫のことについては日本政策金融公庫のホームページでも詳細に書いてありますので事前にどんな雰囲気なのか把握しておくのも良いでしょう。また、電話などで問い合わせても職員の方が割と親身に相談に乗ってくれますので、まずは思い切って問い合わせをしてみても良いかもしれません。もっとも、創業期からしっかりと顧問税理士等をつけて創業融資についてのサポートを受けることをお勧めいたします。

創業融資サポートをご検討の方へ

当事務所は国が認定する経営革新等支援機関として、顧問契約前提での「創業融資」サポートをさせていただいております。

  • 創業の動機等の作成のサポート
  • 売上、利益の計画をヒアリングをもとに数字に落とし込んで作成
  • 面談での対応についてのサポート

等、創業融資の一通りをサポートさせて頂きます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6822-3167
受付時間
10:00〜18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問い合わせください

03-6822-3167

フォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

03-6822-3167
住所

〒170-0004
東京都豊島区北大塚1-19-12
コルティス大塚6F-26

最寄り駅

  • JR山手線「大塚」駅から徒歩3分
  • 都電荒川線「大塚駅前」駅から徒歩3分

営業時間

10:00〜18:00

休業日

土曜日・日曜日・祝日